テサランとファリネの比較

手汗対策で有名なテサランとファリネを3つのポイントで徹底比較

手汗抑制持続力、使う人、コスパで比較!

手汗対策用品の中でも、特に人気のある商品がテサランとファリネです。
どちらも「手汗」に特化した制汗剤ですが、テサランはクリームタイプでファリネはパウダータイプ。

 

私が愛用しているのはテサランですが、どっちにしようかと悩んでいる方も多いでしょう。

 

今回はテサランとファリネのちがいについて、分かりやすくまとめました。

手汗を抑える持続力の比較

 

テサランとファリネの最大の違いは、クリームタイプかパウダータイプかという形態。

 

テサランはクリームタイプの制汗剤なのに対して、ファリネはパウダータイプの制汗剤です。

 

ここは好みが分かれるところですね。

 

長年パウダーを愛用してきた人にとっては、ファリネの方が使いやすいと感じるでしょう。
また、パウダータイプの方が手早く使えるというメリットもあります。

 

ただし、

 

効果の持続力はクリームの方が圧倒的にうえです。

 

テサランは最大72時間も効果が持続するのが大きなウリ。
72時間というのはあくまでも菌の繁殖をおさえる時間で、クリームが手から流れ落ちない時間ではないので実際にはもっと早くに効果が薄れますが、パウダーよりは効果の持続力はありますよ。

 

 

 

女性専用?男女兼用?ターゲットユーザーの比較

手汗を抑える仕組みに男女の違いはないのでテサランもファリネも男女兼用で使えます。

 

ただ、

 

男性がパウダーを持っているのとクリームを持っているのだとクリームの方が自然な気がしますよね。

 

 

実際にテサランは女性、男性ともに利用者が多いです。
それぞれの公式サイトを見ると、ファリネは明らかに女性をターゲットにしているのに対して、テサランは男性にも強くアピールしていますね。

 

ファリネは女性ターゲット

ファリネの公式サイトでは、女性向けの美容雑誌に数多く取り上げられたことが大きくアピールされていて、口コミの投稿者もすべて女性です。
開発者も女性で、開発秘話は「手汗に悩むママさん研究者の悩み」。

 

なんとなく、男性は手を出しにくい雰囲気がありますね。

 

テサランは男性も

一方のテサランの公式サイトでは、有名人によるトップレビューは男性で、一般人による口コミには性別が記載されていません。
「テサランの利用者のうち10%以上が男性」という記載もあって、男性の立場からするとかなりほっとします。

 

 

実際、ビジネスシーンで握手をする場面が多い男性にとって、手汗の悩みはかなり深刻です。
そうでなくても、仕事中はほぼ一日中パソコン作業、通勤は電車となると、家を出てから帰宅するまでつねに手汗ストレスとたたかっている男性は多くいます。

 

ファリネは女性専用というわけではありませんが、イメージ的にも両方のサイトを見くらべたときに「あ、これよさそうだな」と男性が感じるのは、まちがいなくテサランの方です。

 

まぁ実際はテサランもファリネも手汗抑制効果に男女の差はありません。

 

コストパフォーマンスの比較

テサランとファリネ、それぞれの価格をならべて比較すると、

 

通常価格

テサラン 税別6,017円+送料(約3カ月分)
ファリネ 税別8,890円+送料(約1カ月分)

 

お得なプラン

テサラン

(タイムセール) 
税別3,980円+送料


(4本セット

税別9,940円(初回のみ)→2,485円/1

ファリネ (定期コース)  税別6,800円(初回のみ2,667円)

 

ファリネは定期コースを申込むと初回に限り70%OFFの格安価格で購入できますが、継続して3カ月以上購入するのが条件です。
一方、テサランのタイムセールは期間限定ですが、毎月開催されているので、基本的にいつでもタイムセール価格で購入できます。

 

また、ファリネは1個が約1カ月分なのに対して、テサランは1個が約3カ月分ですから、お得なプランで比較してもテサランの方がかなりリーズナブルです。

 

 

返金保証

テサラン

単体購入でも対象
保証期間は365日

ファリネ

定期コースのみ
保証期間は30日

 

 

テサランは定期コースじゃなくて単品購入で絵も返金保証対象となっていて、その期間は365日。
使い始めて1か月ほどでテサランが効果あるかどうかは判断できるはずなので実際は365日もいらないですが、気軽に試せるという意味ではテサランの方がいいですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ